中年男性

Nゲージの買取を行なってくれる|専門の業者に売ろう!

手入れの難しさ

日本刀

日本古来からある刀はいつの時代も多くの人を魅了しているアイテムです。刀と聞いてすぐに思い浮かぶ形は、時代劇や映画によく登場するもので、そのまま刀(かたな)と呼ばれています。その大きさは60.6センチ以上もあり、すぐに戦えるように鞘から抜けやすい長さになっています。一般的には、刃の部分を上にした状態で腰に挿していました。この刀の発展により、居合術が生まれたとされています。また、広く人々の間で普及した刀は、美術品としてもたくさんの作品が作られました。価値の高い美術品は、江戸時代当時の大名の間で、高価な贈り物として重宝されていたといいます。これよりサイズが大きいものを太刀と呼びます。その長さは70センチから「80センチほどで反りが強くなっていることが特徴です。太刀は刀よりも前の時代に活躍していたもので、平安時代から室町時代初期にあったとされています。よく美術館や博物館で飾られているもののほとんどが太刀で、刃を下にして展示されています。太刀は長いので、腰に挿すのではなく吊るして持ち歩いていて、この様子は当時の絵画や巻物で見ることができるでしょう。
刀とセットで製作されていた脇差は、30.3センチ以上の小さなものです。補助として考えられていたため、揃えて持つのが武士の間では一般的です。この脇差はセットで作られるものなので、買取のときには揃えて出すのが望ましいでしょう。
刀は手入れがとても難しいものです。そのため、価値のある作品でも錆びてしまい、買取金額が大幅に下る可能性もあります。万一錆びてしまっていたら、買取業者へ依頼する前に研磨をするようにしてメンテナンスをしておくとよいでしょう。買取を迷っているようならば、定期的なメンテナンスができるかどうかも視野に入れて考えることが大切です。